ECHIZEN-YAKI。


こんばんは、杜氏の雄二郎です。

本日は新しく仲間入りしたものについてのご紹介です!

(SNSでは結構前に上げたのですが、こちらでは忘れておりました。汗)

では、早速ですがこちらです↓

どーん!

越前焼の甕(かめ)になります。

福千歳では、2019年よりオーク樽熟成の日本酒に挑戦して以来、

「ここまで味わいが変わるのか。。。」

と驚きました。

そしてその事で、私の心のどこかに

【地元・福井のもので熟成させたらどうなるのだろう・・・?】

という思いが沸き上がっておりました。

ただ福井県産の樽となると、一から作るのは正直難しいと感じておりました。

その中で思い立ったのが、

越前焼】です。

調べると、「日本六古窯」の一つに数えられ、全国に知られる焼き物です。

また昔はもちろん木桶などはなく、約850年前の平安時代末期から、主に水がめ(水や穀物用)や、すり鉢といった日用雑器として使われておりました。

福井のお米、水、そしてこの越前焼による熟成 or 仕込み。

正直どうなるかは私も分かりませんが、この好奇心を信じて挑戦してみようと計画中です!

実際特別に作って頂いたものの、色々とやりたいたい事が浮かんでしまい悩んでおりますが、またプロジェクトが始まり次第、アップしていこうと思いますので、よろしくお願い致します!

ちなみにオーク樽熟成の日本酒はこちら↓

Oak Barrel × PURE RICE WINE 

 

(担当) 杜氏  田嶋雄二郎 

福井の日本酒蔵
山廃蔵【福千歳】
田嶋酒造株式会社