ウィスキーの聖地【アイラ島】の樽×福千歳。


こんにちは、杜氏の雄二郎です。

昨日のことになりますが、私にとって大変嬉しいことがあったので、ご報告です。

ウィスキー好きなら知らない人はいないであろう聖地・スッコトランド【アイラ島】でウィスキーに使用されていたオーク樽がとうとう福千歳にやってきました!

 

 

大学生時代に初めて【BOWMORE】そして【ラフロイグ】を飲んだ衝撃から約12年ほど経っておりますが、今回ご縁があり入荷することが出来ました。

 

樽の表面からはすでに「ピート(泥炭)」の香りがします。。。

(ちなみにピートとは、なりかけの石炭のようなもので、大昔に枯れた植物が地下に埋もれ、それが地熱と地殻運動の影響によって押し固められた結果、炭のようになった「植物化石」のことを指します。)

 

 

スコッチウィスキーを飲んでもらうと分かると思いますが、ピート特有のスモーキーな香りが特長です。

 

近々、樽のチェックをしつつお酒を詰めていきたいと思います。

果たしてどんなお酒が誕生するか。。。

お楽しみ下さい。

(その2に続く)

 

本日のお酒は大学生時代によく飲んで語っていた(笑)

山廃本醸造【満】

(担当) 杜氏 

福井の日本酒蔵
山廃蔵【福千歳】
田嶋酒造株式会社